東洋はり医学会 埼玉支部

 〜経絡治療家をみんなで育てる〜 東洋はり医学会 埼玉支部

 

毎月第3日曜日(日程変更になる場合もあります)に支部例会があります。

トップページdong_yanghari_yi_xue_hui_qi_yu_zhi_bu.html
視力障碍のある方へshi_li_zhang_ai_zhe_yongpeji.html

支部長:新井武士 TEL  049-236-3831

mail  saitama@toyohari.net

支部活動
について
支部員zhi_bu_yuan.html
ブログBlog/Blog.html
スケジュールsukejuru.html
セミナーの
ご案内seminanogo_an_nei.html
会場のご案内hui_changnogo_an_nei.html
リンクrinku.html

支部活動について

お問合わせ・ご連絡先

手から手へ。

ほぼ毎月、日曜日の朝から夕方まで支部員が集まり勉強会が行われています。
午前中は講義やテキストのまとめを発表したり、症例を発表して皆で討議や意見交換を行います。
昼休みをはさんで、午後は実技を行います。

講義による経絡治療の知識だけでなく、実際にお互いに鍼を刺し合って脉を診てその効果を実感しつつ練習をしていきます。
学だけでなく術に重点を置いた修練は即、臨床に役立つものです。

小里方式。

模擬患者・鍼をする術者・脉を診て指示をする人の三人一組を基本で行う修練法です。
脉の変化、刺鍼の手技、鍼を受けた感じ、それぞれがフィードバックし合うのでとても効果的な練習になります。
考案された先生の名前からこう呼ばれます。

集団での勉強のメリット。

ベテラン・初心者の先生がそれぞれのレベルで技術の向上を目指して、お互いにアドバイスや知識の交換を行います。
独りだと落ち入りやすい思い込み等も、集団で行うと修正が出来ます。
そうしてお互いに刺激し合い、腕も磨く意欲も湧くのです。

よし!これで脉が調うはずだ。

う〜んと、

この人の

証は・・・。